×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

幼児英語教材の選び方

子供に幼児英語を学ばせる場合の教材を選びで重要視されるのが、@家庭で学ばせることができ、Aリトミックなどの音楽を楽しみながら学ばせる効果があり、B子供が本当に楽しめることだと思います。
幼児英語教材を選ぶには、無料体験できる教材の資料請求から始めるのがいいでしょう。
資料請求した幼児英語教材の中から、学ぶ期間、料金、デザインやサポートなどが充実した物を選ぶ方法があります。
現在、小学校低学年から英語を習い、英語の授業を行っている保育園や幼稚園も増えてきてとても人気があるようです。
幼稚園や保育園から英語を学ばす訳は、赤ちゃんが持つ能力に関係し、英語や日本語など世界中の言葉を聞き分け、吸収できる能力の期間が、4歳までが言葉を覚える為の期間と考えられている為と思われます。
教材は子供が楽しめ、覚え易いようにそれぞれ工夫され、DVDで楽しく学べ、可愛いキャラクターやアルファベットを覚えるリズム感のあるテンポなどに特徴があります。

幼児英語でのリトミック

幼児英語でも今話題の音楽教育と言われるリトミックが使われていると言われています。
エミール・ジャック・ダルクローズさんがリトミックを編み出したと言われています。
リトミックでは子供達が進んで楽しく学べるような感覚を、体全体で表現し、身に付ける情操教育や芸術教育を取り入れています。
音を感じ、触れ、音楽を作る楽しさなどを体全体で子供達は表現しようとします。
幼児英語では、子供達が英語の曲にあわせ身体を動かし、英語で歌ったりしながら、リズム感を出すために手を叩いたりします。
手をたたいてリズム感を出すことで、楽しみながら英語の歌などを子供達が理解することもできると言われています。
大人でも確かに好きな歌をノリノリで歌ったり踊ったりすることで、自然に覚え口ずさんでいることがありますね。
音楽教育の音感などだけでなくリトミックには、歌詞を覚えることによる言語の発達や数や感覚を掴み取ることができる生活教育に役立っています。
幼児英語でのリトミックで心の教育・人間教育・自立心などを育むことのできる情操教育などに非常に大きなメリットがあります。

幼児英語でのフォニックス

フォニックスを取り入れた英語教材の幼児英語がとても人気のようです。
アメリカなどで英語を使う子供達が絵本を読む為に作られた指導法がフォニックスです。
「あいうえお」がありますが、日本では単語でも発音は変わりませんが、英語の場合、「ABC」はアルファベット表では、「エービーシー」と読みますが、単語になると読み方が異なります。
APPLEはアルファベットを覚えただけではアップルと読めず、単語や文章も読めなくなるため、子供達はフォニックスから習うそうですよ。
日本では、振り仮名に頼らないで英語を読めるようになれることに注目され、また、フォニックスで習った発音によって簡単に単語が読めたり書けたりできるそうです。
幼児英語の教材のDVDでは、歌などの間に1つのアルファベットを細かく紹介し、アルファベット文字の読み方から始まり、その後英語での正しい発音を教え、いろいろな単語や文章を作り出し繰り返し教えます。
可愛い絵やデザインの映像と一緒に繰り返し流し、子供を飽きさせないようにして自然に発音を覚えていくようになるのです。

Copyright © 2008 幼児英語は4歳までに

[アクセス解析]